スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

おくりびとつれづれ(前回のつづき)

がじゅ次郎が逝ってしまってもう1週間になろうとしています。
取りあえず少し気持ちが落ち着き、涙が出る時間も減って来ているのですが

いまだに朝起きても夜帰っても部屋が静かなことに慣れないでいます。

霊感もないくせに、何か見えないか感じないか
何もないところに目をこらしてしまっている自分に苦笑い。

さびしいなあ。




あの日の夕方、勤めから帰って降車駅についたとき
先に帰ってきたらしいダンナから電話がありました。

「がじゅが、がじゅが」
としか言わないので、どうしたのと聞きながらだいたい察しました。
気がついたら息切れするほど走っていました。

よく変わり果てた姿、という言い方をしますが
ケージに横たわっていたのは、まさにがじゅであってがじゅではない姿―なきがらでした。
朝、最後のいってきますをしてほどなくだったのだと思います。


虚しくなったがじゅの体を抱き上げて話しかけるうちに
こみあげてきたのは自責の気持ち。

実は、少し疲れていたのです。
病院に通いづめ、少し元気を取り戻した矢先に再度状態が悪化したこと。
報われたと思ったらまた蹴落とされたような気持ち。
それも私の些細な判断ミスのせいかもしれないという疑い。

そんな感情の色々に追いつめられて
昼間働きながら、張りつめていた気持ちがぷつんと切れて
やけばちなほうへ傾くのを感じていました。

ひどいことを考えていたからばちがあたったのかも…
そう思うと苦しくて、「ごめんね、ごめんね」と泣き叫んでいました。




(もうちょっとつづきます)





スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし - ジャンル:ペット

2012.02.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | がじゅじろうと私

コメント

辛いですね

akijuroさん、ご自分を責めないでください。。。

きっと、たとえどんな判断をしたとしても、そういうことに関係なく
『ああすればよかった』的な気持ちは残ります。
でも、今はしかたのないことなのかもしれませんね。
時間がどうしても必要なんですよね。

がじゅ次郎ちゃんは自分を不幸だとは思っていないと思います。
幸せだったたくさんの時間を胸に抱いて旅立っていったと、そう思います。
勝手なことを書いて失礼しました。。。

2012/02/29 (水) 17:46:55 | URL | 冷奴 #WtOWNtRI [ 編集 ]

No title

冷奴さま

いつも温かいお言葉をありがとうございます。
ほんとうに…後悔だけはしたくないと
思いつくかぎりのことはしてきたつもりだったけど、
しょせん人間のする事、何一つ後悔しないですますというのは
逆におごった考えだったのかもしれないと今は思います。

でも大丈夫!今は自責の念からは解放されています。
それもまたがじゅのおかげだと思っています。
そのあたりのことも、続きにてお話させていただきますね^^

2012/03/01 (木) 23:35:32 | URL | akijuro #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

akijuro

akijuro

このブログの管理人。
2つの頃、親が迷いインコを拾って以来のインコ中毒患者。
現在、23区南東部在住。

*小鳥の家族紹介*

 がじゅ次郎

☆がじゅ次郎
(本名:がじゅまる)
セキセイインコ
(白ハルクイン)♂
04年3月13日お迎え
12年2月22日旅立ちました。
享年8歳。



じゃが1
☆じゃがまる
セキセイインコ
(パイド)♂
12年3月23日お迎え

最新トラックバック

カフェ貯金パズル

1マス1万円×500マス。’13年4月現在、148マス。

とりカフェ貯金パズル

めざせ、500万!

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。